nayamigirl

諸費者金融の申込みと審査について

お金を借り事になり、消費者金融で申込みをして皆さんが審査に痛快通過してキャッシングができる訳ではありません。

やはり貸金業者も商売ですから、ある一定の基準を設け返済をしていただける方にお金を貸します。
ですが、銀行のように審査基準で言うと少し緩いと思います。

なのでお金を借りる前にしっかりと貸付条件を知り対応すれば審査が通る確率も増えると言ううことになります。

どんな人が消費者金融でお金を借りれる

やはり職種ですかね、基本安定した収入があれば学生でも主婦でも借りれますが専業主婦は借りるのが難しいです。

でも主婦と専業主婦で何が違うのでしょうか?それは明確です、毎月安定した収入が本人であるかです!

パートなどで働いている主婦と専業主婦だと収入が旦那さんの収入になりますので、専業主婦(主夫)だとお断りをしている消費者金融が多いです。

ですが総量規制対象外の銀行カードローンなどは専業主夫(主婦)でも配偶者の同意とその他の書類があればお金を借る事もできますが、利用額も少なめで設定されてしまいます。

あと絶対に無理なのが無職です当たり前ですが…ヤミ金でも今の御時世貸す所が少ないのではないでしょうか。

なので貸せる職業となると、学生・パート・アルバイト・主婦(主夫)・派遣・会社員・年金受給者大きな枠でみればこんな感じでしょうか!

もちろん勤続年数や収入も関係してきますが、申込み時に伝える事項は嘘を伝えず事実を申告しないといけません。

申込み時に申請する利用額について

初めての利用でいきなり100万円かしてくれと言っても中々難しものがあります、審査に通りやすいコツに低い希望額を提示するのも一つの手ではあります。

これは法で総量規制があるのですが、ある一定までしか貸せないのです、例えばクレジットや他のローンなどがある場合で年収の3分の1以上を超えるローンなどの場合消費者金融などでは貸してもらえません!

ですが総量規制対象外と言う言葉があります、これは総量規制以上の借入もできる事になるのですが、消費者金融がダメでも銀行カードローンなら大丈夫なのです。

消費者金融のCMが数年まえと現在では大きく違うところがあります、それは有名な銀行名がCM内に含まれています、例えばレイクだと新生銀行レイク!などと必ず入っています。

これは今までは消費者金融で総量規制の対象だった貸金業者が総量規制対象外の消費者金融になったと言えます、かなり簡単な説明ですが、これにより銀行の安心感と消費者金融の利用しやすさが融合されたと、私は思っています。

利用額ですがだいた初めての利用では、収入にみあった利用限度額があるので、まずはお手軽に返済しやすい額の申請で申込むのむ審査の通りやすくなる一つだと思うのです。

その他の審査について

申込みの時に他にも名前から勤務先や住所など伝えることや本人確認の為に必要な免許証やパスポートなどあります、どの業者も知りたいこと提示してもらう物は決まってますので、申込む前に事前に調べておけばゆとりのある申込みに審査を受ける事ができるの準備は大切ですよ。

お決まりの言葉ですが、やはりキャッシングのご利用は計画的にです!