syouhisyakinnyuuginkou

親戚の冠婚葬祭などが続いていまうと、せっかく貯めたお金も使いはたしてしまいます。
そんな時に限って余分な出費があるものです。

どうしてもお金が必要な場合は、知り合いに頭を下げて借りる方法もありますが、知り合いに頭を下げてまでお金を借りるのは、プライドが許さないという人は、金融機関から融資を受けるといいでしょう。
どこの金融機関を選べばいいか迷うことでしょうが、自分のニーズにあわせて選ぶことが大事です。
急いでお金が必要な場合は、審査のスピードを比較して選ぶといいでしょう。

銀行よりも消費者金融の方が、審査スピードが早く即日融資にも対応している所が多いです。
ただし消費者金融は総量規制がある関係で、年収の3分の1までしか借入ができません。
他社からの借入が多い人なども借入を断られることも多いです。

消費者金融では年収が少ないアルバイトやパート主婦の方でも、安定した収入さえあれば借入はできますが、年収が低いとどうしても限度額が低くなってしまいます。
限度額は初めの申し込みでは、どこの金融機関でも低く設定されてしまいます。
返済を繰り返すことで実績を積めば、限度額の増額もおこなえます。

ただし返済期間に返済遅延があると、増額ができないので気をつけてください。

金融機関から借入をする時の審査について

主婦の方は子供の教育費や、生活費のやりくりでお金が足りなくなることも多いです。
パートやアルバイトをして、少しでも生活費の足しにしている主婦の方もいますが、それでも子供が病気になったり旦那さんの飲み会があると、余分な出費で家計が赤字になります。

どうしてもお金が必要な主婦の方は、カードローンに申込んで融資を受ける人もいます。
主婦の方はカードローンには申込めないと思っている人もいますが、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申込むことができます。

ただしアルバイトやパートだけの収入だと、年収が低くなるので消費者金融等では限度額もかなり低くなってしまいます。
少しでも高額な融資を受けたい場合は、限度額を比較しながら選ぶといでしょう。
カードローンに申込んで借入をする場合は、どこの金融機関でも審査に通らないと融資は受けられません。
どこの金融機関でも返済能力を重要視するので、年収が多いことよりも今までに返済の延滞があるか、他社からの借入があるかしっかり調査されます。

どうしても借入したいからと嘘の申告をする人もいますが、信用情報機関の履歴に金融事故などは残っているので、正確に申告するようにしましょう。

金融機関でおまとめローンを利用する

カードローンに申込んでローンカードを発行してもらえば、コンビニのATMから真夜中や早朝でも借入ができるのでとても便利です。
しかし便利なために、ついつい調子にのって借入を多くしてしまいがちです。

返済のことも考えながら、計画的に借入をしないと返済が追い付かなくなり、他社からの借入が多くなってしまいます・
どうしても他社からの借入が多くなった場合は、おまとめや借り換えを利用する方法もあります。
消費者金融や銀行でもおまとめや借り換えをおこなう所は多いので、限度額や金利などを比較しながら金融業者を選ぶことが大事です。
おまとめや借り換えに申込めば審査があります。

希望限度額によっては、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書が必要になります。
審査をよりスムーズにおこなうためには、あらかじめ用意しておくことが大事です。
おまとめや借り換えを利用する場合は、他社からの借入を重要視されるので、正確に申告しなければいけません。

嘘の申告をすると、この人は信用できないと思われ融資を断られてしまいます。
おまとめや借り換えで他社からの借入を一本化すれば、毎月の返済が楽になりこれからの返済計画がたてやすくなります。

銀行と消費者金融を徹底比較

どうしてもまとまったお金絵が必要になる場合は、金融機関に申込んで借入をしますが、銀行にするか消費者金融にするかで迷う人もいることでしょう。
銀行と消費者金融を比較すると、一番の違いは消費者金融は総量規制があるので年収に3分の1までしか融資を受けられません。
総量規制があるので、収入のない専業主婦は申込めないことが多いです。

銀行は総量規制の対象外なので、限度額も高く専業主婦でも申込めることが多いです。
審査スピードを比較すると、消費者金融はの方が銀行よりも早く回答が出る所が多いです。
即日融資をおこなう所も消費者金融と銀行を比較すると、圧倒的に消費者金融の方が多いです。

金利を比較すると、銀行の方が消費者金融よりも金利は安い所が多いのが特徴です。
金融機関にキャッシングの申し込みをすると、どこの金融機関でも在籍確認審査をおこないます。
これは本人が申込み用紙に書かれた、職場で本当に働いているか電話で確認するものですが、銀行の方が在籍確認審査が厳しい傾向があります。

消費者金融では、本人が外出していてもその職場に在籍していることがわかれば、在籍確認審査は終了となりますが、銀行では本人がでないと在籍確認は終了にはならない所も多いです。