sokuzitukyassignginkou

銀行カードローンは名の知れた大手銀行からの融資になるので、お金を借りた時の安心感が違います。しかし、その一方で審査が厳しいというイメージがあり、実際の融資が可能になるまでに時間がかかってしまって、即日キャッシングはできないのでは?と思っている方が多いかもしれません。

確かに、消費者金融では最短30分などで審査が完了してしまうところもあり、素早さといった点では消費者金融に軍配が上がります。しかし、業界内での競争が激しい昨今では、消費者金融のメリットであるスピード融資を取り入れた銀行カードローンも出てきていて、一層使い勝手が良くなっています。

銀行カードローンの場合、利用したい銀行の口座を開設してあれば書類の提出などが省略できる所もあるので、より早く手続きが完了できます。借り入れしたお金は利用する銀行カードローンの銀行口座に振り込まれるため、後は自分のキャッシュカードでATMからお金を引き出せば、現金が手に入ります。

ただし、銀行カードローンを申し込む時間帯によっては即日キャッシングの利用ができず、翌営業日以降の対応になってしまうケースもあるため、銀行カードローンの審査対応時間内に契約ができるように余裕を持って手続きをしましょう。

銀行カードローンでもWeb完結できる

パソコンやスマートフォンを利用して、自宅や外出先などの好きな場所から申し込みができるWeb完結はとても便利です。銀行まで出向く時間がなかったり外出できない時でも、融資を受けたい時にすぐに申し込みができるので、即日キャッシングをしたい時には最適な方法です。

インターネットからの融資手続きは、銀行カードローンでも受付しています。銀行カードローンの申し込みサイトから、審査に必要な情報を画面に従って入力して、審査通過後に運転免許証などの本人確認書類をアップロードします。

必要書類はスキャナーでパソコンに取り込む、またはスマートフォンのカメラで書類を撮影して画像を取り込みます。書類の文字などが不鮮明で文字が読みづらい状態のまま送ってしまうと、再提出を促されることがあるので気を付けましょう。即日キャッシングのためには素早く手続きを完了させることが重要なので、二度手間にならないように書類の内容が簡単に判別できるような鮮明な画像を添付しておきます。

Web完結で即日キャッシングを希望する際は、借り入れしたお金は振込みが基本になります。銀行によってはカードローン用のカードが準備されていることもあり、そちらのカードは後日郵送されてきます。また、銀行のキャッシュカードにカードローン機能を追加できるところもあるので、新たなカードを持たなくて済むというメリットがあります。

銀行カードローンは金利がお得

銀行で取り扱っているカードローンは、消費者金融のカードローンと比較すると年金利が低くなっているので、返済時の手数料を抑えられます。金利年利率には幅があり、借り入れ限度額に応じて変動します。

消費者金融の融資では最大金利は17%台のところが多く見られます。ところが銀行での融資になると最大金利は14%台が目立ち、かなりお得に借り入れできることが分かります。信用度が高く、融資を受けられる限度額が多い時には、さらに金利が下がるのでより大きなメリットになります。

即日キャッシングをしたい時には、やはり手続きの手軽さだけに目がいってしまいますが、返済時にかかるメリットも即日キャッシングをする金融機関探しでは見逃せないポイントです。特に長期にわたって返済を続けるような時には、金利手数料分の支払いもかなりの負担になってくるので、即日キャッシングを利用しようと思っているカードローンの金利がどのくらいかかるのか、申し込む前にそれぞれのカードローンを比較しておき、総合的に一番メリットのある銀行のカードローンに申し込みをすると、借り入れから返済までを計画的に利用できます。

とはいえ、あまりメリットばかりに気を取られてしまうと、素早い借り入れができなくなる可能性もあります。好条件のカードローンに申し込みをしたところ、思いのほか審査が厳しくて契約まで時間がかかってしまったということもあるので、確実に即日キャッシングができる銀行を選ぶことも重要です。

アルバイトや主婦でも即日キャッシングできる?

銀行カードローンは正社員などの雇用形態でなければ利用できないわけではありません。派遣社員やアルバイト、パート、学生などでも毎月一定の収入がある方なら、申し込みが可能です。

ただこの場合は限度額が低くなってしまい、条件は各銀行カードローンによって異なりますが、10万円以内、30万円以内などと予め決められていることが多くなっています。もともと少額の利用を考えていた場合は、低金利など受けるメリットの方が大きいので、たとえ限度額が抑えられていたとしても便利に活用できます。

月々の最小返済額は2,000円や3,000円など無理のない金額で返済できて、収入が多かった月には追加返済もできるので、その時々の収支に応じて返済の調整が可能です。最小返済額については、借り入れ残高によって変動があり、銀行ごとに設定金額も変わってくるので、こちらも融資の申し込みをする前にチェックしておきたいポイントです。

契約後の銀行カードローンの借り入れは、その銀行のATMの他にも、提携しているATMやコンビニに設置してあるATMも利用できます。もちろんインターネットバンキングからの利用も可能なので、お金が必要だと思った時に最適な方法で融資が受けられます。