sokuzitudoniticash

現代の人、特に企業に勤めて働いている多くの人にとって土日は一週間のうちでも最も心が安らぐ休日となります。

土日が休みであれば金曜日の夜から日曜日の夜までプライベートな時間を過ごせるということになりますから、そこで余暇としてどこかに遊びに出かけたりといったようなこともできるようになります。
しかしながら遊びに行くと言っても先立つものが無くてはなりません。
また休みではないとしても土日に急な出費があったという場合、そのお金の工面をどうにかしなくてはならないということになります。

平日と比べて金融機関なども休んでいることが多いわけですから、そこで候補に挙がってくるものとなるのが「即日キャッシング」です。
審査を申し込んでスムーズに通過することができればその日のうちに融資をしてもらうことができるようになるのですから、土日であっても即日キャッシングを利用したいと考える人は多くいます。

では実際のところ土日でも借りることはできるのかと言うと、即日キャッシングの業者をしっかり選べば十分に可能です。
審査業務を平日以外にも行っているような業者であれば即日キャッシングの申込みができるということになりますから、もしいま必要がないというような人であっても事前にチェックをしておいた方が良いでしょう。

即日キャッシングを土日に申し込む際のポイント

ただ土日に即日キャッシングを申し込むという際には平日とは異なるいくつかのポイントについて事前にチェックをしておく必要があります。
まず最も注意したいのが「申込みの方法によっては即日キャッシングとして利用ができないケースもある」ということです。

最近は大手業者などでインターネットを利用した申込受付が積極的に行われるようになっており、これによって自宅にいながらにして審査の申込みができるようになりました。
ですがこのインターネットを利用して借り入れをする場合、契約書などを発行してもらうために郵送物が届くのを待ったり、無人契約機に行かなくてはなりません。

しかし無人契約機とインターネットの連動が土日だと出来ていないこともありますから、平日では無い日に申し込むのであれば最初から無人契約機を利用するようにしなくてはならないのです。
また同様に注意したいのが「審査は対応していても振り込みが銀行の営業日になることがある」ということです。

最近の即日キャッシング業者では一年中振り込み対応をしてくれるところが増えてきていますが、しかし中には振り込みを平日のみに限定している業者もあります。
これは振り込みの為には銀行で処理をしてもらう必要があるのに銀行は平日しか業務を行っていないということが理由です。

銀行と提携をしていれば別となりますが、もし銀行と提携しているかどうかわからない業者に申込みをする場合は事前に確認をするようにしましょう。

融資審査が込み合うと即日キャッシングができないことがある

また、これまでとは別のこととして注意をしたいのが「融資審査の申込みが込み合うと即日キャッシングができないことがある」ということです。

現在であれば機械審査が可能になっているために短時間で大量の顧客の審査ができるようにはなりましたが、それでも信用情報に難があるなどで融資判断が即座に下せない場合は人の手で確認をしなくてはならなくなります。

機械と比べれば人の手の方が判断を下すまで時間がかかりますし、またそうした人の手による判断が必要な顧客が多く来ると、申込みをしてすぐに返答が来ないということがあり得ます。
傾向としては毎週末や月末などが特に込み合いますので、こうしたタイミングになって慌てて融資の申し込みをしても間に合わないことがあるのです。

特に土日でも即日キャッシングに対応している業者は多くの人にとって魅力的に映りますから、土日になってから申込みをしてもその日のうちに返答が来るという保証はありません。
もちろん突然お金が必要になったというようであれば仕方のないことですが、もしも「今週末は大きな出費がある」として事前に分かっているのであれば、平日のうちに申込みをしてしまうようにしましょう。

土日に審査を受けると限度額が少なくなる?

さて、基本的に土日の即日キャッシングにおいて注意したいことは以上になりますが、時折「土日に審査を申し込むと限度額が少なくなる」として言われることがあります。

例えば本来であれば50万円は借りられるはずの人が30万円しか借りられなくなったり、本来30万円借り入れられる人が10万円しか借り入れられなくなったりなどがあると言われているのです。
ではこれは本当なのかと言うと、必ずそうなるというわけではないですが十分あり得ることです。
これはその融資を申し込んだ人の勤め先が土日に営業をしていなかった場合、在籍確認ができないことが原因です。

在籍確認の際にはその勤め先に電話をして、そこで本人に取り次いでもらうなどの作業が必要になりますが、土日で勤め先が休みだとこれができず、信用調査において不備が生じてしまうのです。

しかしそれを理由として融資を断るというのは顧客を手放すことにもつながりますから、金融機関は在籍確認が取れるまで少し少なめの限度額を設定しておき、在籍確認が取れた日から限度額を本来の金額に引き上げるという形で対応をするようになっています。

そのため「限度額が少なすぎる」という場合でも慌てずに、在籍確認が取れてから限度額を引き上げてもらいたいと申し出るようにしましょう。