kariiremousikomihouhoukaisyain

日常生活で急にお金が必要になるというのは、どういう場合でしょうか。ドラマや映画のように、急に外国に留学したくなる方もいらっしゃるでしょうし、事故や病気で一時金を支払わなくてはいけなくなる場合もあるでしょう。高額な住宅購入やマイカー購入には専用のローンが用意されていますので、不動産屋や車屋さんの言う通りにすればローンを組むことができます。

でも、今月の支払いがあと1万円足りないとか、大きな買い物をしたい時の融資なんて、どうすれば良いのでしょうか。しかも職業が会社員の場合は、頑張っても給料日は同じ日ですし、収入も限られています。

そんな時には、使い道が自由なカードローンで借入利用するという方法はいかがでしょうか。たいていのカードローンの借入の際の条件は、「20歳以上」ということと「一定の収入がある」ということです。会社員なら、その条件にはピッタリです。未成年の方にはちょっと申し訳ないですが、たいていの方は既に成人されていることと思います。また、今は未成年の方でも、少し時間がたてば成人式を迎えられることと思いますので、その時のことと思って読み進めていっていただければ良いと思います。

カードローンって何でしょうか

さて、カードローンとは何でしょうか。まとまったお金を借入して、すぐに返済ができない場合でも、給料の中からコツコツ返済するという約束で融資利用できるのがカードローンです。借入したお金の使い道は、事業資金とか特別な用途に使用するのは別として、普通は特に限定されていません。借入できる上限金額が設定されるので、限度額の範囲内であれば、好きな時に借入して、期日までに決まった金額を返済すれば良いという仕組みになっています。この返済する「決まった金額」というのが全額ではないので、自分のペースに合わせて返済できるのが大きな魅力です。

もちろん、カードローン会社は商売として融資をしているので金利はつきますが、きちんと返済していれば督促の電話がかかってくるわけでもなく、誰にもばれることはありません。友達や家族にお金を借りるのも良いですが、何度も繰り返していると、そのうちにいやな顔をされることもあるでしょう。

もちろん、カードローンでも借入したお金を一括で返済することも可能です。来週の給料日までの数日間1万円を借入して、給料日に全額返済というような利用の仕方もできます。借りている日数が短いとそれだけ利息も少なくなります。

融資審査で何を見ているか

では、会社員がカードローンを申込する場合、どういう手続きがあるでしょうか。まず、申込には身分証明になる書類が必要です。運転免許証やパスポート、健康保険証といった書類になります。

また、勤務先の情報についても申込の際には書かなければならないので、本当に会社員かどうかを確認するために、カードローン会社から勤務先に電話をされる場合もあります。目的はその会社にいるかいないかの確認なので、カードローン会社の社名などは名乗りません。この在籍確認だけはあまり気分の良いものではありませんが、確認の為に仕方がないものとして受けましょう。

その他には、収入を証明する書類が必要な場合もありますが、融資希望金額が少ない場合は不要な場合がほとんとです。借入申込の審査では、とにかくその人がどこの誰なのかということを見ているのです。

また、実際の収入やその人の借入情報などは、違う会社であっても金融機関だけが照合できるデータベースに登録されていますので、ウソの申告をすればすぐにばれてしまいます。もちろん、ウソを申告するような人は審査に通ることはありませんから、何事も正直に申告しましょう。審査基準については、教えてもらえることはありません。

カードローン申込、審査ってこれだけ?

えっ、カードローン申込、審査って、たったこれだけ?と思った方も少なくないでしょう。

そう、本当にこれだけです。申込をして、必要な書類提出、審査に通れば時間帯にもよりますが、最近はネット銀行なども利用できるところが多いので、即日キャッシングも主流となってきています。つまり、今晩の飲み会の会費、子供の習い事の月謝、明日の引き落としに間に合うようにお金を工面することができるというわけです。

毎日単調な生活の繰り返しでも、一定の収入があればキャッシングを利用することができるということは、つまらない勤務先にも感謝できるような気分になってきませんか?勤務先が変更になった場合は、カードローン会社にも変更通知をすれば良いことですが、勤務年数が長いほど信用度も上がってきます。お金を貸す方とすれば、ころころ勤務先を変更する人よりも1つの会社に安定して勤めている人の方が返してもらいやすい印象を受けるのは当たり前です。

上手にカードローンを利用する為だけではないですが、勤務先の会社を長く勤められるように努力しましょう。そのうちに、そんな努力が認められる日がきて、意外な昇進などもあるかもしれません。