tajuublack即日キャッシングの審査は、即日でも契約できる相手であるのかを見極める作業です。そのため即日で審査できないような要素がある人に対しては、初めから「貸さない」方向で話が進みます。たとえば過去に債務問題を起こして起こしているような人について深く審査を行うことは辞め、初めから門前払いする方針のところも多くみられます。

その代わり、キャッシング自体が初めてという人であれば、少々勤務年数や居住年数が足りなかったり、給与が少ないようであったとしても、総量規制の法律に触れないのであれば、積極的に融資を検討する柔軟性があります。即日キャッシングは、申込者への利便性の提供です。「今お金が必要な人に今融資する」のが、業者選びの時に優位点となって動きます。

それを行ったことで、将来的に優良顧客となる可能性が高い人を幅広く囲い込むことができます。その目論見があって、即日審査と即日キャッシングを行うことで生じる回収リスクを負う覚悟をします。要するに「宣伝費」のようなものです。

「将来的に優良になるかならないか、今の時点ではわからない」申込者には寛容であっても、「すでになにかしらの返済リスクを決定的にするようなネガティブ要素がある」申込者に対して柔軟には対応できません。即日キャッシングを行う業者からは否決されることになります。

多重ブラックと言われるものは

多重ブラックと一般的に言われているものは、複数の会社とのキャッシング契約がある人を指します。なぜそれが「ブラック」となるのかは、多重債務者であることによって返済負担の大きさと、無計画さ、他社の判断が垣間見られるからです。

1社から100万円借り入れている人と、4社から借り入れている人を比べてみましょう。1社から100万円借りている人は、最悪でも15%の利息です。しかし4社から借りている人はそれぞれ18%程度の利息で借り入れているケースが多くなります。

それだけでも利息負担が全く違いますので、それだけ返済しやすさも変わります。それが回収リスクに反映します。また同時期に借り入れた4社であれば、1社で100万円の回収リスクを負うことができないとそれぞれ4社が判断した申込者です。違う時期に借りた4社の場合には、それだけ何度となく借りなければならないような事態が起きたのかという「無計画」さが露見します。

その時に増額を受け入れられなかったから、他社との新たな契約をせざる得なかったのだということも想像できます。それだけ危険な申込者になるのです。このことから「複数社から借りている人」は、貸金業者から見た時に「融資したくない人」ですから、どこからも断られることになってしまいます。

ましてや即日審査で判断する即日キャッシングは難しく、3社を超える契約がある人は即日キャッシングの業者からは多重ブラックとして扱われる可能性が大いにあります。

三社ルールに則るならば

100万円を1社が貸した人は、その1社が「この人に対しては自分の会社だけで100万円を貸し付けるリスクを負っても大丈夫」と判断されたと考えられますので、他社から見た時に「信頼できる要素」になります。

即日キャッシングを行っている業者は、複数社から借りている人よりも高く評価します。また複数社から借りている人を何件から多重ブラックとして扱うかは、三社ルールと総量規制に則ります。三者ルールとは、大手の貸金業者が設立した消費者金融連絡会が作ったルールです。消費者金融連絡会が設立された当時は、消費者金融がサラ金と言われていた時代で、返済を苦に自殺するなどが社会問題となっていました。

なにかと貸金業者に対する風当たりは強く、業界の健全性を高めるために、自主的なルールを取り決める必要に迫られました。その時に三社ルールも作られました。4社目になるような貸付は極力避けるというものです。

それによって多重債務となってしまう人の原因に自社がならなうように努めるわけですが、実際に3件以上の融資から、返済のために他社から借り入れる自転車操業が始まるケースも多く、最終的には破たんの道を歩むことになります。当然回収リスクも激高します。その危険を業者が抱えないためのルールです。これによって多重ブラックの基準が定着しました。

3社ルールによって多重ブラックは減少しないから総量規制が

3社ルールから見て、3社超えて借り入れ用とする申込者に対し、業者としても自社の損を考えると、貸し付けられるものではありません。申込者の計画性や返済への意欲など事細かく審査して即日審査よりも慎重に審査を行えば、その申込者の返済能力についての判断に精度は生まれるでしょう。しかしそこまで手を掛けて貸し付ける意味が大手の消費者金融にとってあるのかと言えば、それは否です。

全く他から借りていないようなスーパーホワイトをターゲットにするのが順当です。しかし中小の消費者金融の場合には、大手のように利便性は追求できません。1番に選ばれることはなくなります。三社ルールはあくまでも自主規制ですから、多くの貸金業者が倣っても強制力がありません。4社以上になっても貸し付ける業者はありました。それによって多重債務者が生まれ、借金地獄で苦しみました。

それを防止するために総量規制の法律が制定され、年収の3分の1を超えて貸し付けた業者は罰せられることになったのです。多重ブラックはさらに警戒されるようになり、融資してくれるところも減ります。

法の強制力をもって、多重ブラックを未然に防ぐことができるようになったのです。即日キャッシングの業者は、瞬時に判断できないような人に対しての融資は行いません。個々の理由を聞いて個別に判断するような貸付方法を採用しようとすれば、即日審査はおろか、即日キャッシングも約束しない業者になります。即日キャッシング業者が寛容なtころと厳しいところ見極めると、多重ブラックは利用が難しいという結果に落ち付きます。