sokuzitukankeisei

利率は契約者が承認すれば何%でも上乗せして良いというものではありません。法律で利率の上限を定めた「出資法」と「利息制限法」というのもがあり、出資法では29.2%の利率までは有効とされていましたが、2010年に20%まで引き下げられました。

利息制限法では10万円未満の融資には20%以下、100万円未満の融資には18%、100万円以上の融資には15%以下と定められており、出資法の改正と同時に、出資法と利息制限法の間にあったグレーゾーン金利は無効という判断がされました。

そのため今まで高い金利を払っていた多くの人が過払い金を抱えることになり、高い利率で融資をしていた多くの消費者金融は過払い金の返還問題に直面し、経営状態が急激に悪化しました。

そのため消費者金融は経営破綻を回避し、生き残るために銀行の傘下に入ることとなったのです。過払い金は古くから契約していた人ほど多く帰ってくる傾向があり、借金がゼロになるばかりか、現金が戻ってくるケースもありました。銀行は元々それほど高くない利率で融資をしていたため、過払い金問題で経営が悪化するほどのようなことはありませんでした。

利率の高さと審査の通りやすさ

即日キャッシングを申し込むとき、すぐに利用したい一心で高い利率で契約してしまうことがあります。利率と審査の通りやすさはある程度比例しており、利率の高い金融機関ほど審査が緩くなっている傾向があります。

利率が高いということは、それだけ貸し倒れリスクもあるということを示しており、低い利率で借入ができるということはそれだけ金融機関にとってもリスクが少ない人物であるという必要があります。即日キャッシングできる金融機関は増えてきているので、できるだけ低い金利で借入ができるところを選ぶと良いでしょう。そのためには自分はどのくらいのリスクがある人物なのかを客観的に把握しておくと良いです。

自分の信用情報は手数料を払うことでWebから確認することができます。今まで全くクレジットカードやカードローンを利用したことがないような人の場合は信用情報が真っ白なので、年収や住居形態、年齢、職場などの属性情報で審査が進められます。

年齢が高くなってしまっていると、信用情報がないと審査を通過できないことがあります。そういった場合は審査の敷居が低いカードを選んである程度利用し、利用実績を作ってから金利の低いカードに申込みをすると良いでしょう。

即日キャッシングの利用方法

即日キャッシングは1日のうちに契約を完了させ、融資を受けなくてはなりません。カードが手元にない状態でも電話などによる振込融資をしてくれる金融機関はたくさんありますが、振込は通常15時までに完了しないと翌日入金になってしまうということに気をつけなくてはなりません。

銀行発行のカードローンや銀行グループの消費者金融が、そのグループ銀行の口座を振込先にする場合は24時間対応していることがあります。契約は混み具合にもよりますが、時間がかかってしまうことがありますので、申込みはなるべく午前中にしておくと良いでしょう。在籍確認もあるため、場合によっては当日契約できなくなってしまうこともあります。即日キャッシング可能な金融機関でも、確実に当日中に借入が完了するとは限りません。
新しくカードを作る場合は時間がかかりますが、クレジットカードを持っている場合、実はキャッシング枠が用意されていて簡単に利用できるケースもあります。もし枠が用意されている場合は即日キャッシングも可能です。最寄のATMなどからカードを利用して融資を受けられます。

キャッシングとは原則一回払いですが、最近のキャッシングはリボ払いにも対応しているため、支払い方法においてカードローンとの違いはほとんどなくなっています。

金利を引き下げてもらう方法について

クレジットカードのキャッシングの場合、残念ですが年利を下げてもらうのは難しいでしょう。カードローンの場合は利用実績によって年利の引き下げ交渉が可能です。即日キャッシングはほとんどのケースで比較的高い金利での契約になってしまいます。

そのまま使い続けていても良いのですが、できればある程度使ってから金利の引き下げ交渉をすると良いです。支払いに問題がなければ少しずつリスクの小さい顧客であると認められ、金利は下げてもらうことができます。即日キャッシングのときは収入証明の提出が間に合わず、小さい枠で契約してしまっていた場合も、収入証明書を提出することで限度額を引き上げてもらい、100万円以上の枠にすることで15%まで金利を下げてもらうことができます。

即日キャッシングはとにかく急いでいるので時間が勝負となってしまい、あまり良くない条件で契約してしまうこともあります。しかし多くの場合、契約後に契約内容を交渉して変更してもらうことができます。概ね半年程度利用していれば交渉に応じてくれるところが多いでしょう。

即日キャッシングに対応している企業の多くが消費者金融ですが、消費者金融はスピーディーな審査と対応に力を入れています。銀行は低金利が売りですが、審査に時間がかかることが多くあります。お金を借りられる会社はたくさんありますが、上手に使い分けると良いでしょう。