nonbankc

現在は様々な金融機関が多様な商品を提供しており、目的と合致した選択を行うことが可能な状況です。その中で、資金使途自由で良好やショッピングなどのレジャー目的でも利用できるのが、個人向けカードローンです。20歳以上で定期収入を得ているのであれば、主婦や学生でも融資審査に申込むことが出来ます。

この個人向けカードローンは、銀行・消費者金融・クレジットカード会社と多くの業者が取り扱っています。業者ごとに承認内容は異なっており、銀行が提供している個人向けカードローンは金利が低く設定されていることが特徴です。金利が低いということは、同じ金額を利用した場合に加算される利息が少ないということで、返済の負担が軽くなるというメリットを得られます。

これに対して、消費者金融などのノンバンク系の業者の個人向けカードローンは、スピード審査を実施しているということが一番の魅力です。即日キャッシングが期待できるので、今日中にどうしてもお金が必要というケースにも対応することが出来ます。

このために、急いでいる時には銀行が提供している個人向けカードローンよりもノンバンク系の商品を選択することが適当となります。

ノンバンク系カードローンのメリット

即日キャッシングが期待できるノンバンク系カードローンは、担保や保証人は原則として不要です。準備しなくてはならないのは、健康保険証や運転免許証などの本人確認のための身分証明書1点のみです。ただし、希望額が大きい場合は給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書類も必要となります。

これは、ノンバンク系カードローンは、貸金業法という法律により規制されており、借入総額は年収の3分の1以内に制限するというルールによるものです。貸金業法に違反すると業務停止などの行政処分の対象となるので、業者側はルールを守らなくてはなりません。このために、希望額が大きい場合は申込み者の側が、年収の3分の1に達していないということを証明しなければなりません。

ただし、いずれにしても簡単な準備で申込めます。審査時間が短いということと共にノンバンク系カードローンのメリットとなっています。準備に時間がとられる様なことはないので、お金が足りないと感じたらすぐに行動に移すことができる内容です。飲み会の予定が急に入ったり、欲しいものが見つかった時などの利用に向いています。大手のノンバンク系の業者であれば、申込んでから30分程度という短時間での即日キャッシングが可能です。

ノンバンク系即日キャッシングのデメリット

スピードという点が魅力となっているノンバンク系即日キャッシングは、一方で銀行カードローンと比較すると金利には高めの数字が採用されています。このために、同じ金額を同じ日数利用した場合には、返済総額が大きくなるというデメリットが生じます。

このノンバンク系即日キャッシングの金利が高い理由は、申込み者の経済状態について十分に時間をかけて調査することが出来ないからです。ノンバンク系即日キャッシングを利用する上でのルールは、毎月の約定日に指定の金額を返済するということですが、一定程度返済不能な状態となってしまうケースが生じてしまうのです。この貸し倒れのリスクを軽減するために、出来るだけ早い段階で元本を回収する必要性が生じるので金利は高くなります。

このために、ノンバンク系即日キャッシングは、短期的な利用に向いている商品と言えます。利用日数が少なければ、加算される利息はそれほど大きな数字にはならないからです。逆に、利息だけを返済するという様な利用の仕方を行った場合は、何時まで経っても元本を減らすことが出来ないという困難な状態に陥ってしまいます。つまり、計画的な利用が必要ということです。

ノンバンク系即日キャッシングの融資審査の内容

ノンバンク系即日キャッシングを利用するためには、信用情報機関への紹介が中心の融資審査に通過しなくてはなりません。特に重要なポイントとなるのが、融資審査に申込んだ時点での借入残高とそれまでの利用実績です。これらのクレジットヒストリーが業者の基準をクリアした場合に、融資が実行されることになります。

前述したように、即日キャッシングのルールは指定の金額を約定日までに遅れずに返済するということで、これを守れるだけの返済能力を有していることが条件となります。このために、借入残高の金額が大きい場合は、他の業者への返済額も大きいと認識されるので、審査に通過する確率は低くなってしまいます。これは、新規借入を行うだけの経済的な余裕がないと認識されるからです。

また、即日キャッシングは信用取引であり、これまでにルールを守って利用してきたという実績は高く評価される一方で、事故を起こした場合は厳しい状況となります。具体的には、複数回以上返済に遅れてしまった遅延や自己破産や任意整理などの債務整理が記録されている様な場合は、審査に通過する確率はほとんどありません。信用取引を行うだけの状態にないと判断されるからです。