sokuzitutesuuryou

キャッシングといえば、銀行や消費者金融を利用する事になります。

この際、すぐにでもお金を借りたい、必要な現金を手にしたいと考えるのであれば、消費者金融を考えておく事がお勧めです。銀行の方が、金利が低く抑えられている可能性がある上、銀行は年収の1/3以上の金額を借りる事が出来ないという、総量規制の対象にならず、800万円や1,000万円等、銀行がそれぞれ設定している上限額まで利用可能となる等のメリットがあります。

ただ、銀行でお金を借りたいと考えた場合、銀行の営業時間内に申し込みをする必要があります。
銀行の営業時間は、平日の9時から15時となっている事が殆どで、その時間内に手続きを完了させ契約を終わらせる事が出来なければ、その日のうちにお金を借りる事が出来ません。

その為、即日キャッシングを考えた場合、平日の営業時間内に手続きを完了させられる事が条件となります。
それに対して、消費者金融の場合、銀行に比べて営業時間が長い為、15時を過ぎても、申込みをし、その日のうちに結果を聞き、お金を借りる事が可能となります。ですから、本気で即日キャッシングを考えるのであれば、消費者金融がお勧めです。

消費者金融でその日のうちに借りるには

実際に消費者金融で、即日キャッシングをしたいと考える場合、申込み時間に注意をしておく必要があります。現在、主流となっているネットでの申込の場合、銀行のキャッシングの申し込みと同じく、銀行の営業時間を気にしておく必要があります。それは、審査が終わり、契約をした後、振込という形でお金を受け取る事になる為です。

銀行によってはいつでも振込み可能で、すぐに現金を受け取れる事もありますが、多くの銀行口座は、14時までに振込の手続きが終わらなければ、翌営業日の翌営業時間以降の振込となります。ですから、ネットの場合、銀行と同じように、早めの手続きが重要になります。

ですが、消費者金融の場合、消費者金融の営業時間内であれば、店頭や契約機に足を運ぶ事で、すぐに使えるカードを手にする事が出来ます。
カードを受け取る事が出来れば、提携ATMからいつでも自由にお金を借りる事が出来る為、その日のうちに現金を手にする事が可能となります。
ネットから審査を受け、契約を完了させ、その後、店頭や契約機に足を運べば、その日のうちに現金を借りる事が出来ます。

即日キャッシングを考えたら、申し込み時間、申込方法を意識しておく事も大切です。

即日で借りる場合に注意しておきたい事

即日キャッシングを受ける為の審査を受ける際に、注意をしておきたい事は、希望する融資額と、キャッシングを利用する際の手数料です。消費者金融の場合、総量規制の対象となる為、融資額の上限は年収の1/3までとなります。ただ、いきなりその金額を申請しても、その通りの限度額になる可能性は殆どありません。

ですから、それより低い金額を希望額として申請する方が良い事になります。この際、即日キャッシングを本気で利用したいのであれば、融資額は少しでも低く申請する事がお勧めです。少額融資程、審査に通りやすく、即日融資を受けやすい状態となります。

ですから、必ず借りたいという場合、10万円程度等、低めの希望額を申請しておく事がお勧めです。そして、審査を受ける前に、注意をしておきたいのが、キャッシングを利用した場合の、手数料についてです。即日キャッシングを考えている場合、金利までは確認しても、手数料までは確認しないという人は少なくありません。

ですが、手数料というのは、様々な場面で必要となってくる事も多く、場合によっては利息以上に多くの金額が必要になる事も珍しくありません。
ですから、審査を受ける前にしっかりと確認しておく事が大切です。

急ぐ場合も落ち着く事が大切

即日キャッシングを利用したいと考えれば、審査に通る事ばかりに、気を取られてしまう事は少なくありません。ですが、借入の際、そして返済の際に手数料がかかる場合、利息よりも多くの金額を支払う必要が出てきてしまう可能性があります。少額を即日キャッシングした場合、早めに一括返済をすれば、金利は日割り計算となり、利息はほんの僅かとなります。

10,000円を年利18%で借り、30日で返済をした場合、必要な利息は150円となります。ですが、借入の際に手数料、更に返済の際に手数料が必要となれば、利息以上にお金を支払う事になります。消費者金融の場合、指定されたATMや、コンビニに設置されているメディア端末を利用する事で、手数料無料になっている事があります。

即日キャッシングが必要な程、急いでいる場合、手数料の有無まで、気が回らないという事は少なくありません。ですが、より便利にお得に利用をしたいと考えるのであれば、手数料が必要かどうかまでしっかりと確認しておく事も大切です。急いでいるからと、しっかりと確認しないまま、お金を借りると、支払う利息以上に、多くの手数料を支払う必要が出てくる可能性があります。