ka-doronmousikomihouhou

日本の景気も不安定な今、今日どうしてもまとまったお金を融資して欲しい!といった事態が誰の身に降りかかるかはわかりません。

もしそんな事態に見舞われたときに慌てることのない様に、出来るだけ確実に即日キャッシングできるカードローンの申込み方法を知っておきましょう。即日融資ができるカードローン会社はいくつもあります。
即日キャッシングを実現するためには確実に即日融資ができるカードローン会社を選定するかにかかっています。即日キャッシングを確実に実現するためのカードローン選びには3つのポイントがあります。

まず1つめのポイントは、審査スピードが速いかどうかを確認するという事です。審査スピードはカードローン会社によって本当に様々です。最短10秒という驚きのスピードで審査可能だとうたっているカードローン会社もあれば、申し込むタイミングによって回答が翌日になってしまうカードローン会社もあるのです。

もし回答が翌日になってしまえば、その時点で即日キャッシングは間に合わなくなってしまいます。
ですので確実に即日融資ができるカードローン会社を選定するには、審査スピードが迅速なところを選ぶ必要があります。

確認書類が簡易または不要なところを選びます

前述のとおり審査スピードが迅速なカードローン会社を選定しても、申込みに手こずっていては意味がありません。

そこで2つ目のポイントは、確認書類が簡易または不要なところを選ぶという事です。
カードローンの申込みに必要な確認書類とは、運転免許証、健康保険証及びパスポートといった身分証明書。これはどのカードローン会社でも必要になりますし、身分証明書を各自用意することには、さほど問題はないでしょう。

カードローン会社によって対応にバラツキがある確認書類は収入証明書です。これから即日キャッシングを申込みしようという人に、いつでも手元に収入証明書が用意できているという人は、そうはいないと思います。収入証明書を発行するには会社に源泉徴収票を発行依頼することに抵抗がある人もいますでしょうし、役所に所得証明や納税証明を発行依頼するとなれば即日キャッシングには高いハードルとなります。

カードローン会社によっては会社が決めた金額以下の融資であれば収入証明書が確認書類として必要がないカードローン会社もあるのです。

即日キャッシングを確実に実行するためには収入証明書の入手が困難な場合は、申込に収入証明書が不要な会社と融資額を選定するといいでしょう。

申込締め切り時刻を確認します

審査スピードが迅速で、確認書類である収入証明書も不要なカードローン会社、融資額も確認できました。そしていざ申込みです。ふと時計をみるともう17時!これでは即日キャッシングは厳しいでしょう。
そこで3つ目のポイントは、申込締め切り時刻を確認するという事です。

いくら即日キャッシングが可能であるという、うたい文句のカードローン会社であっても必ず締め切り時間があるのです。締め切り時間に遅れてしまえば、どんなに申込みや審査がスムーズに済んでも即日キャッシングには間に合わなくなってしまいます。

締め切り時間は各社によって異なってきますので必ず確認が必要です。

たとえばCMでもなじみのある三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」では平日の14時までに振込手続きを完了していることが即日キャッシングの条件となります。一方、三井住友銀行グループの「モビット」では平日の14時50分までに振込手続きを完了していることが即日キャッシングの条件となります。

このように各社によって即日キャッシングの申込締め切り時刻には違いがありますので十分な確認が必要です。土曜日、日曜日、祝日などに対応が難しいことも念頭に入れておくことも必要です。

申込み手続きにスムーズに済ますには

即日キャッシングの申込みをスムーズに済ませるためには、前述のとおり確認書類を用意しておくこと、収入証明が必要な会社、融資額かを確認しておくことも、もちろん重要です。それ以外にも注意点がありますので、それらについて述べていきます。

申込みに大事なことは、書類を正確に記入するということです。特に大事なのは年収、勤務先といった審査に大きく影響する項目については慎重に正確に記入しましょう。万が一記入間違いがあれば、たとえ自分にその気がなくても虚偽の申込みをしたと見なされてしまいかねません。

そもそもキャッシングは高所得者向けのサービスではないので、安定した収入であれば、たとえその収入が低目であったとしても、それが理由で審査が通らないということは、まずありません。申込書類の年収の項目は、高額であるかという事より、嘘偽りがないということが大事であるという事なのです。

そしてこれから借入する融資の金利をしっかり把握し、自分にとって適正な融資額を冷静に見極めましょう。金融会社によっては返済シミュレーションのサービスを提供している場合もあります。返済のことも、しっかり見据えた上で手続きをしてください。